テクノモンキー(サブ)

テクノモンキーのサブブログです。 iOSやAndroid、Unityのアプリ開発に関する情報や気になったニュース、考え事などを気軽に発信します。

仕事における依存を減らして行きたい

https://4.bp.blogspot.com/-58dmfhgqVOw/VZt5cqwjtkI/AAAAAAAAu6Q/AcQbuMws_1c/s550/netgame_chudoku_haijin.png

2年くらい前から常に考えていることなんですが、

「仕事における依存」を極力減らして行きたいと思っています。

 

仕事において人との繋がりはかなり重要

 

仕事において、人との繋がりってかなり重要ですよね。

「前に一緒に仕事をした人が新しい仕事をくれた」とか

「自分が大変な時に他の人がヘルプで入ってくれて助かった」とかって

人との繋がりがあるからこそできるワザ。

 

 

人との繋がりが深くなるとその人への依存度が高くなる

 

人との繋がりが増えるのはいいことも多いけど、デメリットも結構あると思うんです。

人との繋がりが深くなると、その人への依存度が高くなってしまうように思います。

 

例えば

「新しい仕事の話をよくくれる人だから、その人の言うことをなるべく聞こう」とか

「あまりやりたくないけど、その人の頼みならやらなきゃ」

ってゆう状態になることが結構あるんです。(僕の場合)

 

でもそこでふと思うのが、

「いつの間にか相手が上で自分が下の上下関係ができてしまっている」

「その人に依存した状態になっている」

ってこと。

 

 

 

僕の場合、会社員をやめて、フリーランスとして独立して2年が経過しました。

 

仕事をくれる人がいるからこそ、今仕事ができているので、仕事をくれる人たちには感謝しかありません。

 

ただ、その人たちに依存しすぎるのは甘えというか「危険」だと思うんです。

 

 

人に依存しすぎると、自分で考えて行動する力が失われてしまう。

(与えられたものをやるだけの時間しかなくなってしまう)

 

 

フリーランスになった理由

 

 

僕がフリーランスになったのは

「極力自分の力で生きられるようになりたかったから」です。

 

会社員時代、「会社のお陰で生活ができている」という考えのもと会社の為に貢献できるよう頑張ってきましたが、

 

最終的には、会社の方針・決裁権を持っているのは社長であり、社員は結局のところ駒に過ぎない無力感を感じるようになりました。(そんな経験をしました。)

 

結果的には会社を辞めて「自分の行動を自分で決められる人生」にするためにフリーランスになりました。

 

なので、人に依存しすぎて「自分の行動を自分で決められない」ような状態になったら会社員時代と変わりません。

 

フリーランスになった意味がありません。

 

なるべく特定の人に依存し過ぎず、自分で考えながら生きていきたいと思います。