テクノモンキー(サブ)

テクノモンキーのサブブログです。 iOSやAndroid、Unityのアプリ開発に関する情報や気になったニュース、考え事などを気軽に発信します。

アイデアには知識と妄想力が必要【アプリ開発】

https://3.bp.blogspot.com/-R0d5ULhnqDw/UaVWPk-gjOI/AAAAAAAAUFc/HW7tdxY9w24/s400/edison.png

最近思ったことなんですが、知識がない状態でアイデアを出すのって相当難しいです。

 

 

具体的なイメージがない場合は知識を増やす必要がある

 

例えば新しくアプリを作ろうとした時、

どんなアプリを作りたいかをまず考えますが、

こんなアプリを作りたいっていう具体的なアイデアが特にない場合、

まずどんなアプリがあるのか、アプリではどんなことができるのかを知る必要がありますよね。

調べた結果、

「アプリでこんなことができるならこうゆう機能をつけたいな」

っていうアイデアが生まれる。

多分、新しくアイデアを生み出すためには、それなりにインプットが必要なんだと思います。

ほとんどの新商品って、あるものを組み合わせて生まれることが多いので、その組み合わせを考えるためのインプットの量が多い人の方がアイデアが出やすいんだと思います。

 

 

イデアマンは知識量と妄想力が半端ない

 

僕の中での仮説ですが、すぐ新しいアイデアが出てくるようなアイデアマンの人って、知識量と妄想力が半端ないんだと思います。

 

僕の周りにいるアイデアマンと呼ばれる人たちって、新しいアイデアを生み出すための情報収集と、「これってどんなことに使えるだろう?」とか「これとこれを組み合わせたらどうなるんだろう?」っていう妄想を常にしている気がします。

 

多分習慣化していて無意識でやっていることだから、なんも疑問に思わないんでしょうけど、僕から見たら「そんな発想があったか」と驚くことばかりです。

 

情報収集と妄想力を鍛えれば、それなりにアイデアが湧いてくる人になれると思うので、アイデアマンと呼ばれる人になれるよう頑張りたいと思います。