テクノモンキー(サブ)

テクノモンキーのサブブログです。 iOSやAndroid、Unityのアプリ開発に関する情報や気になったニュース、考え事などを気軽に発信します。

iOSアプリの対応OSバージョンはそろそろiOS11以上でもいいかも【アプリ開発】

https://3.bp.blogspot.com/-G8t4htGXy8g/VXOUdjGtGhI/AAAAAAAAuLI/wU6gnpTOrYA/s400/smartphone_app.png

iOS11のバージョン別シェアが81%に達したそうです。

 

iphone-mania.jp

 

Appleは世界開発者会議(WWDC 18)の基調講演において、iOS11のバージョン別シェアが81%に達したことを明らかにしました。

1カ月で5%シェアを伸ばす

Appleデベロッパー向けサポートページで公開している、App Storeへのアクセス情報をもとに算出したiOSのバージョン別シェアによれば、5月31日時点でのiOS11のシェアは81%、iOS10のシェアは14%、それ以前のiOSのシェアは5%となっています。
 
Appleが前回公開した4月22日時点での数字と比べると、iOS11は約1カ月で5%シェアを増やしていることがわかります。

 

上記によると、iOS10が14%、それ以外が5%とのこと。

また、2017年8月にリリースされたAndroidの最新OSバージョン「Oreo」は全体の6%ということなので、iOSAndroidに比べて最新OSのシェア率がかなり高いことがわかります。

 

 

iOSアプリ開発はそろそろiOS11以上を対象でもいいかも

 

 

f:id:no-work-no-life-4081:20180606090758p:plain

 

 

現時点でiOS11のiPhoneが81%になっているとのことなので、iOSアプリを開発する際、Xcodeの「Deployment Target」(ユーザーがアプリをインストールできるOSバージョン)をiOS11以上にしてもいいかもしれない。

 

僕が最近まで作ってきたアプリは「Deployment Target」をiOS9.0とかiOS10.0に設定してました。

 

でも、iOSバージョン毎にAPI仕様が変わる場合、処理分けするのは結構手間が発生するんですよね。。

 

僕の作っているアプリのユーザーのOS毎の利用状況を見ても、同じような結果になりつつあります。

 

f:id:no-work-no-life-4081:20180606091612p:plain

画像:iTunesConnect

*iOS9やiOS10はほとんどいなくて、iOS11の最新バージョンが出ると、その最新バージョンの端末のシェアが増えていく

 

より品質の高い状態のアプリをユーザーに使ってもらえるようにするには、切り捨てる覚悟も必要かも。

 (とりあえずもう少し様子見して見ます。)